頚椎ヘルニア治療で後悔しないためのクリニックナビ

高松赤十字病院

腰椎、頚椎、胸椎のさまざまな疾患に対応している高松赤十字病院。この病院の頚椎ヘルニア治療について解説していきます。

低侵襲手術を採用した頸椎ヘルニア治療

高松赤十字病院高松赤十字病院は、頸椎ヘルニア治療を行う整形外科をはじめ、血液内科、神経内科、小児科や皮膚科など様々な疾患に対応している大規模病院です。「人道、博愛」の赤十字精神を掲げ、地域のかかりつけ病院として安全な医療を提供しています。

頸椎ヘルニア治療を行っている整形外科では、腰椎分離症や圧迫骨折などの腰椎疾患、頚椎症性脊髄症などの頚椎疾患、小児側彎症や胸椎椎間板ヘルニアなどの胸椎疾患の診察を行っています。国内でも1999年の早期から低侵襲手術を導入し、できる限り少ない切開で治療を行えるようにしています。

ただし、側彎症や脊椎骨折といった治療においては、大きな手術が必要になる可能性についても示唆しています。軽い症状だからといって放置してしまうと、症状が悪化して適切な治療が施せないことがあるためです。治療法の選択が難しい場合には、患者さんと病状についてしっかり話し合いを行った上で、最適な治療法を選択する姿勢をとっています。

高松赤十字病院の頚椎ヘルニア治療の流れ

1.初診
紹介状を持参している場合は10番窓口、その他の場合は1番窓口で受け付けを行います。その際、健康保険証や申込み書が必要になります。

2.診察
整形外科の専門医が診察を行います。

3.手術
低侵襲手術を行います。

4.術後の経過確認

高松赤十字病院の口コミ評判

今回は残念ながら口コミ評判を見つけることができませんでした。

赤十字病院であることから、人道・博愛精神にもとづいた丁寧な対応が期待できそうです。また、大規模病院なので、症状がよくわからない場合や緊急の場合でも臨機応変に対応してくれそうです。

高松赤十字病院のクリニックデータ

■所在地:香川県高松市番町4丁目1-3

■アクセス:JR「高松」駅より徒歩15分

■診療時間:午前8:45~、午後14:00~(土日祝、年末年始、日本赤十字社創立記念日は休診)


口コミで選んだ頚椎ヘルニア治療院ランキング