頚椎ヘルニア治療で後悔しないためのクリニックナビ

広島市立安佐市民病院

地域の基幹病院として定評のある広島市立安佐市民病院。この病院の頚椎ヘルニア治療について解説していきます。

地域に根差した、安心感のある頚椎ヘルニア治療

hirosimasiritu.jpg広島市立安佐市民病院は、地域のかかりつけのクリニックとして定評のある病院です。頚椎ヘルニアの治療を含む整形外科のほか、内科や外科、眼科、精神科、耳鼻咽喉科など幅広い診療科を設置しています。

頚椎ヘルニア治療を行う整形外科は、1980年からの長きに渡る歴史と実績があります。脊椎脊髄外科手術の実績は、2008年度までに10,000件以上の症例があり信頼がおけます。

広島市立安佐市民病院で行う脊椎脊髄外科手術は、主に手術用の顕微鏡を用いた低侵襲手術です。
低侵襲手術は安全性が特徴の手術法で、合併症が少ないという点もメリットになるでしょう。

出血を避け、負担を少なく頚椎ヘルニアの治療を行いたい人向けの病院といえそうです。

広島市立安佐市民病院の頸椎ヘルニア治療の流れ

1.初診(要予約)
電話で予約を行い、8:30~11:00の受付時間の間に、保険証、医療証の原本をもって院内受付を行います。(初診の場合、紹介状が必要なようです。)

2.診察
脊椎脊髄外科指導を担当する専門医が診察を行います。

3.手術
低侵襲手術を行います。

4.術後の経過確認

広島市立安佐市民病院の口コミ評判

地域密着型の病院としてプライバシーを尊重しているためか、今回は残念ながら口コミ評判を見つけることができませんでした。

しかしながら、幅広い診療科と十分な設備を備えた中・大規模病院のようで、安心して頚椎ヘルニア治療を受けることができそうという印象でした。専門医が診察・手術してくれる点も特徴です。

広島市立安佐市民病院のクリニックデータ

■所在地:広島市安佐北区可部南二丁目1番1号

■アクセス:JR可部線「中島」駅より徒歩約15分

■診療時間:月~金曜日(脊椎外来)、月・水曜日(ひざ関節外来)


口コミで選んだ頚椎ヘルニア治療院ランキング