頚椎ヘルニア治療で後悔しないためのクリニックナビ

はちや整形外科病院

小さな切開で大きな治療効果を目指し治療を行っているはちや整形外科病院。この病院の頚椎ヘルニア治療について解説していきます。

最小限の手術で目指す頚椎治療

はちや整形外科病院のHPはちや整形外科病院がモットーとして掲げているのは、できる限り最小限の切開(手術)で大きな効果を得る治療方法です。

MIS(低侵襲手術)と呼ばれる手術を採用し、切開をできるだけ小さな部位に留めてこのモットーを可能にしています。からだへの負担が少なく、手術後も比較的早い段階で退院できる点がメリットであるといわれています。

ヘルニアの治療には、症状の度合によってレーザー治療、経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘除術、内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術、低侵襲経椎間孔進入椎対間固定術などが行われるようです。

はちや整形外科病院の頚椎ヘルニア治療の流れ

はちや整形外科病院では、MIS(低侵襲手術)を採用した治療を行います。

まずMIS(低侵襲手術)において、8~10cmほどの比較的小さな部分の皮膚切開を行い、人工関節の設置を行います。従来の手術で採用されていた皮膚切開の面積15~20cmと比べると切開面積が非常に小さく、痛みが軽減されたり回復が早くなるといった点が特徴です。

手術後は、リハビリテーションを行い回復を目指します。従来の手術よりもからだへの負担が少ないため、痛みの度合も小さく、手術翌日には本格的なリハビリテーションに移行できるというメリットが挙げられます。

全体を通してより短い期間での回復が望めるため、早い段階で普段の生活に戻れるようです。社会復帰のスピードにも影響するので、重要なポイントだといえるでしょう。

クリニックの口コミ評価

「他の整形外科では異常が見つからなかったのですが、こちらでレントゲンを撮ったところ判明!椎間板ヘルニアとのことで、見つけてもらえて本当によかったと思います。こちらの質問にも丁寧に回答してくださったので安心しました。」

はちや整形外科病院の治療院データ

■所在地:名古屋市千種区末盛通2-4

■アクセス:東山線「覚王山駅」徒歩2分

■診療時間:平日8:00~18:00、土曜8:00~13:00(日曜・祝日は休診)


口コミで選んだ頚椎ヘルニア治療院ランキング