頚椎ヘルニア治療で後悔しないためのクリニックナビ

あいち腰痛オペクリニック

ここでは、ヘルニアの専門医療機関である、あいち腰痛オペクリニックを紹介しています。

頚椎ヘルニアなどの治療を専門で手がけるクリニック

あいち腰痛オペクリニックあいち腰痛オペクリニックは、腰痛、神経痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、頸椎椎間板ヘルニア、脊椎圧迫骨折等の治療・手術の専門医院です。

首・肩・腕の痛みやしびれのある方の約90%が改善するという、頸椎ヘルニアのPECD治療(最小侵襲脊椎手術、4mmの切開部分に2mm小鉗子を入れ直接ヘルニアを摘出する方法)を行っています。

切開が非常に小さくてすみ、骨・筋肉・靭帯の切除と神経・血管への接触を最小限に抑えることから、身体の負担が極めて少なく、後遺症もなく、安全性が高い治療です。

また脊髄ドックを行っており、治療法の選択に迷っている方や、脊椎・脊髄の健康状態を詳細に知っておきたい方も訪れているとのことです。

PECD治療の流れ

1. 初診(完全予約制)
脊椎ドック(1.5テスラMRI・64マルチCT・レントゲン機能撮影)で脊椎の状態を総合的に判断する検査を行う。

2.MRIなどの精密検査
脊椎レントゲンの屈曲・伸展の動態撮影や脊椎不安定性をチェックする。

3.診察
検査結果にてPELD治療が適応なのか確認する。

4.術前全身検査
胸部写真・心電図・血液検査・肺活量を測定

5.手術
手術当日は朝食を抜きで早朝に来院し、全身麻酔を行い1時間ほどの手術を行う。当日入院・手術、翌日退院となる。

6.術後の経過確認
手術直後のMRI(またはCT)再検と1ヵ月後に診察を行う。

あいち腰痛オペクリニックの評判

「ヘルニア治療に関する先生方の対応が親切で、不安な点を全て解消してから治療を勧めてくれるのでわかりやすかったです」

「原因が分らず半年近く悩んでいた痛みの原因がわかりました。先生に感謝するばかりです」

「腰痛オペセンターを併設していて、腰痛手術には実績があり症例数も多いので、信頼できる病院だと思います」

あいち腰痛オペクリニックの治療院データ

■所在地:愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41

■アクセス:名鉄犬山線「犬山」駅よりタクシーで約7分

■診察時間:平日/8:30~17:00(木、日、祝日は休診)


口コミで選んだ頚椎ヘルニア治療院ランキング