頚椎ヘルニア治療で後悔しないためのクリニックナビ

予防のための生活・食事の習慣

ここでは、頚椎ヘルニアを予防するための生活や食事の習慣について説明しています。

ヘルニアを予防するために大事なこととは?

ヘルニアを予防するには、毎日の生活や食事の習慣を見直して、発症の原因になることを極力避けることが大事です。

正しい姿勢で首や腰への負担を避ける

椎間板・頚椎ヘルニアの原因は何と言っても、生活しているときや睡眠中の姿勢が悪く、首や腰に疲労が蓄積することにあります。例えば、重いものを上半身だけで支えたり、腰をひねったり、長時間同じ姿勢でいることってありませんか。

良くない姿勢を長時間続けたり、首や腰に負担がかかることを頻繁に行っていると、ヘルニアになる危険性は高くなります。正しい姿勢での立ち方や座り方、眠り方はつねに意識するといいでしょう。

特に頸椎ヘルニアは、枕の選び方ひとつが発症する可能性を左右するので、首への負担を極力抑えるよう気を配る必要があります。

ヘルニア予防に効果的な栄養素

首や腰への負担を抑えることとあわせて、ヘルニア予防でもう一つ大事なのが、カルシウムや軟骨成分が豊富な食事をとること。

カルシウム不足による骨粗鬆症にかかると、椎間板そのものがボロボロになり、逸脱するどころかつぶれてしまうことも。そうなると、重度のヘルニアを発症しやすくなってしまいます。

また、コラーゲンやコンドロイチンには椎間板を形成する働きがあり、毎日摂ることでヘルニアの発症率を下げられます。軟骨や鶏皮、ホルモン類などの食材で効率よく摂取できるそうですよ。


口コミで選んだ頚椎ヘルニア治療院ランキング