頚椎ヘルニア治療で後悔しないためのクリニックナビ

レーザー治療(PLDD)とは

ここでは、頚椎ヘルニアのレーザー治療(PLDD)にはどんなメリットがあるのかを紹介します。

痛みや体への負担が少ない意外にも多くのメリットが

ヘルニアのレーザー治療は、極細の針を患部に刺してレーザーを照射し、椎間板内の「髄核」を蒸発させる治療法です。これにより、骨から飛び出したヘルニアを内側に引き戻し、痛みを解消する効果があります。

従来の外科手術のように患部を切開する必要がないため、痛みがない、傷口が残らない、日帰りで手術を受けられる…など、さまざまなメリットがあります。その主なものを挙げてみましょう。

  • 手術中の痛みはほとんどない
  • 5~10分程度と短時間で終わる
  • 細い針を使って行うため出血が少なく、傷も残らない
  • 手術後の体への負担が少なく、数時間の休憩で帰宅できる
  • 術後すぐにヘルニアの痛みが改善される可能性が高い
  • 副作用が少ない

最も大きなメリットとしては、ヘルニアの痛みを改善できる可能性が高いこと。長年悩んでいた腰痛が、1日で解消されるケースも少なくないようです。

また手術中の痛みが少なく、体への負担も少ないため、日帰りで治療を受けられるのも利点です。仕事が休めないなどの理由で長期間の治療が難しい人でも、1日で終わるPLDDであれば受けられるでしょう。

ヘルニアのレーザー治療の流れ

PLDDでヘルニアの痛みが改善される流れを説明すると、以下のようになります。

  1. 椎間板に針を刺してレーザーを照射し、中に小さな空洞を作る。
  2. 飛び出ていたヘルニアが新しくできた空洞に引っ込む。
  3. ヘルニアが引っ込むことで、痛みやしびれの症状がなくなる。

特に、症状が出てから時間がたっていないヘルニアほど、治療の効果が出やすいようです。


口コミで選んだ頚椎ヘルニア治療院ランキング